働く楽しみと成長

仲間と一緒に仕事を楽しみ、成長できる

親湯温泉では、スタッフ同士がよりよい関係性で働けることを重視し、楽しく働けるためのイベントやトレーニングを設け、仲間と共に仕事を楽しみながら自分を成長させられる職場環境を心がけております。仕事のスキルアップだけでなく、人としても成長できる制度があります。ここではその具体的な内容についてご紹介します。

RECREATION楽しみ

社員旅行

社員旅行は2年に1度行われる運動会と交互に行われるビッグイベントです。親湯温泉では毎月の給料から旅行積み立てをして1泊2日の社員旅行に行きます。旅行は開催日を2回設け前半と後半に分かれて3店舗合同で行きます。行き先は毎回変わり、過去には東京、京都、横浜に行きました。移動中のバスの中ではお菓子を食べたりドリンクを飲みながらゲームをして出発から楽しく過ごします。日中は班行動と自由行動の時間があります。班は3店舗のメンバーが混じった班になっているので普段交流の機会が少ないスタッフとも話せてそれもまた楽しく新鮮です。

運動会

2年に1回3店舗全てのスタッフが集まり懇親を深めるイベントです。幾つかのチームに分れて、対抗戦形式で順位を競います。豪華な景品を用意しており、順位によって内容も変わり、特に活躍した個人には個人賞の景品を準備しています。競技の内容は年ごとによって変わりますが、アームレスリングや障害物競走、○×クイズ、紅白玉入れ等、運動会という名に相応しい内容になっています。また、競技だけでなく、希望者の特技などの披露の時間があったり、調理部署お手製の美味しい料理を食べながら楽しく行います。

食事会

親湯温泉では、定期的に各部署、同期、トレーナートレーニー同士の食事会を設けております。食事会の際は会社から手当が出るので、金銭面も安心。食事会を通してお互いの関係性を深め、仕事もより楽しく行うことができます。

SKIL UP成長する

SUT スキルアップトレーニング

スキルアップトレーニングと呼ばれ、全従業員が勤務時間中にホテルで働く上必要な接客スキルを身につけるトレーニングの事です。外部から講師を呼びお客様に安心、安全にご宿泊頂くためのおもてなしの作法の基本を学びます。他社に転職したとしてもすぐに通用するスキルを学んで頂ける場として様々なトレーニングがあり総合計時間は100時間にも及びます。

SAP セルフアファメーションプログラム

セルフアファメーションとは自己重要感(肯定感)という意味で、SAPは自己重要感向上プログラムの略です。SAPは専門家の講師による全3回のワーク中心のトレーニングを通して 長きに人生において様々な困難を乗り越えるスキルを身に着けることを目的にしています。 弊社では自己重要感をしっかりと持ち、辛抱強く取り組める人が自分の幸せを手にすることができると考えており、このプログラムを採用しております。

努力に見合った評価制度

以前から親湯温泉で行われている評価制度があり、14項目、7段階に別れた評価内容によって個々の評価を行っています。月に一度自己評価を行い、1ヶ月間の自分を振り返る中で小さな「できた事」の積み重ねを自己申告し、所属長を始めとした上司に評価してもらいます。自己評価では1ヶ月間で自分が力を入れた項目をアピールする場面でもあるため努力に応じた評価になります。

トレーナー制度

入社一年目は専属のトレーナーがつきます。トレーナーは各自事前に考えた教育プログラムを使って、新入社員に一から仕事を教えます。また仕事終わりには毎日面談を行い、仕事の覚え具合、困難に感じていることを聞きながら、それぞれにあったスピードで仕事を教えられるよう工夫します。また、月一回トレーナートレーニーの食事会手当があります。食事会を通して仕事場では言えなかった悩みを語ったり、楽しく食事をして関係を深められます。

面談

当社では定期的な面談があります。新入社員はトレーナーと毎日、1日の振り返りや明日に活かせる事等、1対1で話します。面談の時間はとても有意義なものでトレーナーとトレーニーの関係も深まります。上司とは約2ヶ月に1回、社長とは約半年に1回面談があり、心配事や仕事をする上にあたり困っていることを聞き、解決に導いてくれます。社員は面談で普段言えない事を伝えられる良い時間です。

社長座学

入社一年目は毎月社長の座学があります。座学はお互いの悩みの解消、精神の安定、同期間の関係性の構築を目的としています。座学といっても社長の話を聞くだけでなく、グループに分かれた話し合いや一人一人の発表、映画鑑賞をしたりします。また社員の抱えている悩みや課題に対して解決のヒントとなる本の配布もあります。こういった経験を重ねていくことにより、仕事場での成長だけでなく、人としても成長できます。

全体ミーティング

各店舗で毎月2回全体ミーティングが行われます。ここでは店舗の売り上げや予約状況を共有したり、お客様からいただいた口コミを元に改善点について話し合います。情報共有のあとは、社長の話があります。社長の話では、人にとって大切な基盤である関係性、存在、感情、知識の4つのパートを哲学と心理学を元に1年間を通して学んでいきます。ここで学ぶ内容は社長の考えではなく既に科学的に証明されていることや先人たちの言葉を元にしています。毎回自分の人生を見つめ直す良い機会となります。

このページの上部へ